FC2ブログ

大阪ツアー ~うまいがいちばん~

さて。
先週末。

SRを納車。
大阪。

ピースガレージの山口さんにつきあってもらい、
僕とフタリで木曜日の夜10時にイエロー出発。
ピースガレージ
http://www.soul-de.com/peacegarage/


9時間後。
大阪到着。

9時間。
書くと3文字。
そう、たかが3文字。

9時間という時間が、3文字に凝縮でいるなんて、
人生ってば、なんともいえない。

まあ、ここでは、3文字というコトでよいだろう。

とにかく、9時間後の僕らには、大きな空腹と大きな睡眠欲。
気分はラーメンだったが、通勤ラッシュの街では、
ラーメン屋さんがみつからず、大好きな「すき家」を食べ、
公園のワキにクルマをトメ、1時間ほど仮眠。

おきると、不思議電線のこんな街。
20121120o (0)

納車前に、この街で用事を1件すませ、納車のお客様のモトへと。

大阪の中心へとすすむ。

あ。
大阪駅。
街から都市に。
20121120o (1)


到着。
お客さんがやっている美容室。

お客様と対面。
うれしいし、少しテレル瞬間。

バイクの説明をひととおりさせて頂き、記念撮影。
20121120o (2)
今までのやりとりを思い出す。

20121120o (3)

SRのオーナーさんの美容室にも、少しおじゃまさせて頂く。
20121120o (4)

お店の中のすべての物が、手作りだたり、オーダーメイド。
20121120o (5)
こんなお店にをやっているお客さんに、イエローのSRを乗って頂けるコトはうれしい。


納車、無事に完了。

次にむかったのは、
「SEMBA」(せんば)
http://www.semba.co.jp/
20121120o (6)
ヴィンテージハーレーのお店。

本の中でしか見たことのないバイクが、目の前に。
20121120o (7)

無知な僕でさえ、感じるコトの重大さ。
20121120o (8)

ここらへんまでは、すごい、というキモチでいっぱい。
高価なバイクたちだから、ぶつからぬようにと、気もつかう。


SEMBAの社長さんが、僕等にいろいろなお話を。

そこからの僕は、いっきに高鳴る。

フロントフェンダー。
20121120o (9)
写真左したの方。
見づらいが、わかるだろうか?
何かの看板を材料としてつくった、自作フロントフェンダー。


写真中央、ヘッドカバーの横にあるガソリンコック。
20121120o (10)
延長して、長くなっている。
純正のコック位置だと、手がタンクにぶつかってしまい、
いまひとつ、コックの開閉がしづらい。そこでコック位置を延長して変更。
社長さんの推測。



純正メーターがあるはずの場所ある、金属のプレートにメーターとフタツのスイッチ。
20121120o (11)
このバイクのオーナーは、元空軍。
兵役が終わってから、このバイクをつくったという。

飛行機のコクピットをイメージして、このメーターまわり。
社長さんの推測だ。

実際、使われているアンメーター(電気系の計器)は、
バイクに必要なメモリよりも、大きなメモリであるし、飛行機のロゴもある。
20121120o (12)

バイク用ではない、ツールボックス。
20121120o (13)
そこにたまたまあったから、使ったのかもしれない。


キズついたエアクリーナーカバー。
20121120o (14)
そう。
ひとつひとつは、何かの理由でついたキズ。
走っているトキに、何かに接触したのかもしれなし、
ケンカをしているトキに、ぶつけられたのかもしれない。
整備中に、工具がぶつかったのかもしれなし、
コドモがオモチャをぶつけたのかもしれない。

今となっては、ヒトツヒトツを解明するコトなど、できやしないが、
解るコトは、このエアクリーナーカバーのキズの数だけ、何かが起きたのだ。
このキズは、証拠だ。


「純正が一番のりやすい」と社長。

「そこから、自分がどんどん乗って行き、自分の乗りやすいようにすればよい。」
と、つづけて社長。

世界有数のヴィンテージハーレーショップ。
大切にしていたのは「純正」であるコトではなく「バイクに乗るコト」と「そのバイクの歴史」

20121120o (15)


こんなガソリンタンクは、今までもスキだった僕であるが、
ただ、その理由は、なんとなくの雰囲気だ。
20121120o (16)
この日、はっきりその理由がわかる。
僕のココロを動かしていたのは、このタンクの歴史なのだ。
なんで、こんなにへこんでいるのか?
考えたらキリがない。
その壮大な道のりに、僕のココロは反応しているのだと思う。

20121120o (17)


「SEMBA」にあるバイクのほとんどは、社長さんが直接知っていたバイク。
だから、どこで誰が乗っていて、次に誰が乗って、こんなカスタムをして、
なんてコトを、一台一台の物語を知っているのだ。

驚く。
だから、ここのバイクはかっこ良いのだと思う。


僕らはカスタムバイクショップ。

どんどん歴史が繋がっていくようなバイクをつくっていきたい、
なんて思ってみたりする。

20121120o (19)

たくさんのお話しを、ありがとうございました。
また、お話しを聞きにいきたいです。


うれしい大きな衝撃をうけ、次の目的地へと出発。


次の目的地は、なんば付近。

そう。
そこにいるのはこの先輩。
「おしゃれ かえる堂」のシンさんだ。
http://kaerudou.net/

かえる堂はその名のとおり、身もココロもおしゃれにしてくれる洋服屋さん。
イエローができた当初から、なかよくしてもらっている先輩。

とはいえ、僕は7年ぶりの再会。
その間、電話やメールでは何度か連絡をとっていたが、
実際にあうのは7年ぶり。
20121120o (20)
写真はシンさんの経営するライブハウス。
そう。かえる堂のほかに、ライブハウスも。
その他に、いろんなコトをやっている。
ナゾ多きシンさん。

ここで、少し遅いお昼ゴハン。
写真をとりわすれたが、スペシャルなお好み焼&ヤキソバ。
食べながら、結構マジメなお話をしてみる。
今回はこのお話をしにきたのもあるのだ。
7年前とかわらぬ闘志に、触発される僕。

おいしくて、ドキドキなお好み焼きタイムのアト、
大阪の街を歩いて案内してもらう。


かに。
20121120o (21)

人形。
20121120o (22)

ネオンとヒト。
20121120o (23)

観光大好。


観光しながら、次の目的地へ。
大阪のショット
「Schott West」
http://schott-nyc.jp/

20121120o (24)

いろいろとお世話になっている、店長のイシザワさん。
20121120o (25)
ティッシュペーパー、今日おくりましたので、明日には到着予定です。
いろいろ、ありがとうございました。


ショットをあとにし、ちかくのドーナツ屋さんでカフェタイム。
(注、おっさん3人)

初めての組み合わせの3人で、初めてのドーナツ屋さん。
斬新。
記念撮影。
20121120o (26)


コーヒーとドーナツでしあわせが増したあと、
路地へと。
お酒や食べ物のお店がたくさん。
が、
とつぜんだ。
20121120o (27)
とつぜん、浅草をおもわせるような神社が出現。

と思ったら、
20121120o (28)

そのトナリが居酒屋だったりして。
20121120o (29)
不思議街。


なにかとスキ。
20121120o (30)


シンさんは、用事があるため、途中で分かれる。
シンさんのおかげで、この街をだいぶ堪能。

このあと、山口さんと夕ゴハンを食べるべく、串カツ屋さんへ。
だがしかし、僕も山口さんも、もはや虫の息。
ほぼ徹夜あけの夜だ。
せっかくの串カツの写真なんて撮れるわけもなく、
もっといろんな物を食べたかったのだが、睡眠欲には勝てずにホテルへ。

ツアー1日目は、気絶で終了。


二日目。
雨。

少し街をぶらつき、ラーメンを食べ、かえる堂へ。

20121120o (31)

粋なTEEシャツを入手。

選んでくれたのは、かえる堂のユカさん。
20121120o (32)

いつでもやさしくて、ファンキーなユカさん。
いつでも情熱満タンのシンさん。

シンさんとユカさんのおかげで、ほんとに大阪が大好きです。
ありがとうございました。


2時くらいに大阪を出発。

大阪ホームシックになりながら、9時間の僕等。



いろんなヒトにあえて、元気満タン。
みなさま、ありがとうございました。


いっしょに行動して頂いた山口先輩。
ありがとうございました。
また、ごいっしょしてください。



思う。
キモチは共通。



よこち

関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター