FC2ブログ

NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013<ありがたし本編>

9月29日、ニチヨウビ。
仙台、ドラッグゲームスの1週間後。
Schott企画開始の約10日前。

名古屋なイエロー。

「NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013」



YAN☆YANとHASUに手伝ってもらった今回のブース。


YAN☆YAN。

彼は木を変身させる。
バイク屋の僕は、普段よく見る素材は金属であって、金属がどのように変身するかは、
だいたいわかっているつもりで、それは、木よりも、勝ると、勝手に思っているが、
そんな考えは、ただ、僕があさはかなだけで、
YAN☆YANのつくる物を見て、木は、こうも自由なのかと、想像を超える木の変身に、いつも驚く。

その、木の変身よりも、僕が強く思うコトがあり、それは、YAN☆YAN自体の空気だ。
イベント、お店、街など、いつ、どこにいても、
YAN☆YANの存在にかかわると、何か、いつも、ワクワクする。
そこにいるだけで、あたりの空気に影響をあたえてしまう。

その理由は、彼自身が自分のキモチにすなおになるコトを大切にしているからだと思う。
楽しい、うれしい、ドキドキ、かなしい、つまらない。
自分のキモチにスナオになり大切にするコトは、実はすごく大きなコトで
大きなチカラがいるが、それでも、彼は自分のキモチをとても大切にしていて、
そのキモチで物を作ったり、行動したりしているから、まわりには、彼のキモチの空気が発生するのだ。

YAN☆YANの木が変身するのは、そんな理由なのだと思う。



HASU。

学生の頃からずいぶん長い時間、関わってきたが、
彼のコトはわからない。

ただ、最近思うことは、彼のストイック。
ストイックであることに、いつでもチカラを注いでいる。
ストイックであることに、ストイックだ。

一般的には、奇抜な言動やデザインなどであるから、
その部分が印象的にはなるのではあるが、
それらは、つねにストイックであるコトにストイックに取り組む、
彼の行動があってからこそで、
そのコトが、もともと持っている彼のナニカをさらに研ぎ澄まし、
それが彼の空気となっているのだろう。

才能というのが、もしもあるとすれば、
それはやっぱり、もっているだけでは何もおこらないのだ。


そんなYAN☆YANとHASUが関わってくれたブース。
だから、つくりこみも、全体の雰囲気も、何の心配もいらず、
ただ、ひたすら楽しみなだけ。

そのブースで、共同出店するのは、男前豆腐店。

先日のニッキにも書いたけど、
おいしいお豆腐をつくるコトに強いココロをもち、
お客さんにおいしいお豆腐を届けつづけるコトに
全力を注ぐ、粋(いき)な豆腐屋さんだ。

これまでの豆腐のにはないような、
独特の雰囲気のパッケージやタイトル。
値段は、今までのお豆腐よりも、高い値段。
惹かれて豆腐を買ってみる。
食べる。 
驚くほど、おいしい。

他のお豆腐よりは高いから、毎日食べてほしいとは思っていない。
今日は特別なお豆腐が食べたい。
そんなトキに選んで欲しい。
そんな特別の日に選ばれる、他よりも、少し高いものだから、
つくるのは、けっして裏切らない豆腐。

男前豆腐店さんのココロのヒトツ。
すべてに感じる。



YAN☆YAN、HASU、男前豆腐店。

僕らがつねにココロに置こうと思っているコトを
実践している。



そんなみんなとの今回のショー。

自分達のバイクが一番だと思っていない。
自分達が正解だと、思っていない。

ただ、自分達のやっているコトが大好きだ。
そう思えるコトがうれしい。

カスタムショーでお豆腐を配る。
なぜ?
そんな疑問は多いだろうし、
マワリのショップさんに、迷惑をかけるかもしれないと悩んだが、

全力でつくったバイクを、
おなじキモチつくられた粋なお豆腐を食べながら
お客さんに見てもらい、
楽しいきもち、ワクワクしたキモチ、うれしいキモチになってもらいたいという、
そのキモチを強く思い、実行を決断させて頂いだ。


そんなココロで挑んだスピードアンドカスタムショー。

報告。



ショー当日。
20131021sp (3)

「TO-FU BAR」


そう。
予告のとおり、男前豆腐店さんと二度目の共同で出店。

バイクももちろん、このバイク。
20131021sp (4)


未来から来た刺客、ジョニーのイメージ。


未来?
刺客?
ジョニー?


何の話かというと。

今、ここで説明するのはもったいないので、
また、別の機会に。

気になる方は、ぜひ、調べてみてください。
楽しい時間になると思います。



囲むカウンター。
お客さんへのキモチを話したら到着したこのカタチ。
20131021sp (5)

20131021sp (6)




大好きな物も、いっしょにブースへ。

マジカルモッシュミスフィッツのディーラーの証。
誇り。
20131021sp (7)

20131021sp (8)




LEHの作業用、皮エプロン。
心。
20131021sp (9)

20131021sp (10)




HASU、中山くん製、記念撮影の絵
男前豆腐店の「ジョニーの背中」と「男」のポスター
20131021sp (11)

20131021sp (12)



カウンターのウシロのタナにも、スキなモノ。
男前豆腐店の本、お面、HASUのグラス、モンタナカラーズ、
ジャンクアーツ、U氏がつくってくれた「TO-FU BAR」の看板。
YAN☆YANの棚。
20131021sp (13)

20131021sp (14)



感謝するべきは、たくさんだ。
20131021sp (15)

20131021sp (16)

20131021sp (17)

20131021sp (18)

20131021sp (19)

20131021sp (20)

20131021sp (21)

20131021sp (22)



最高の日。
たくさんのありがとうの日。

来場して頂いた、お客様。
主催して頂いた皆様。
出店して頂いた皆様。
僕らをサポートして頂いた皆様。

ありがとうございました。



このブースに来て頂いたお客様の写真は「お客様編」で紹介させて頂きます。


NAGOYA SPEED AND CUSTOM SHOW 2013
http://www.speedandcustomshow.com/menu.html

男前豆腐店
http://www.otokomae.jp/

HASU
http://hasu.tv/

YAN☆YAN
http://www.yanyandesignworks.jp/

マジカルモッシュミスフィッツ
http://www.mxmxm-noise.com/
LEH
http://www.leh.jp/

ジャンクアーツ
http://www.junkarts.com/

ハウスサービス

関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター