FC2ブログ

あ、それはね。

最近の僕といえば、スタンダード。

そう。

一時期はチーズとか、山かけとか、いろんなメニューを旅していたが、
結局、落ち着いたところはスタンダード。

並と玉子と味噌汁。


あ、牛丼の話ス。


そう、いろいろなトッピングをしすぎて、
牛丼の意味を失いかけた僕は、

並と玉子と味噌汁を食べ、忘れていた大切なモノを取り戻したのだ。



2週間ほど前。
久しぶりに行く牛丼屋さん。

いつものように「並と玉子と味噌汁」
そう伝えるハズの僕は、

[お好み牛球丼」と告げてしまう。

あれ?

うっかりだ。



まあよい。

たまには。



さて挑戦。

キャベツ、かつぶし、あおのりなど、お好み焼きの具がタクサンのってるから、
見た目はお好み焼き。

ソースのかほりも、絶妙に空腹感を刺激する。

だが、忘れてはいけないのは、コレが牛丼であるということだ。
ちょっとごちゃこちゃし過ぎてはいないか??


過去の経験から、慎重になる僕。

食す。



さらに、

食す。

食す。

食す。



ぬっ!

僕は重大なコトに気が付く。


キャベツが生。


なにおう!


ちなみに、間違って「生」なのではなく、
狙って「生」である。



驚く。

だれが、このメニューのキャベツが生だと想像するのだろうか?

お好み焼きは、いつだってしっかり焼いてあるじゃないか!!



しかし、そんなコトも言ってられない。

僕はしっかり目の前の生キャベツと向き合う。


うまい。


結論をのべれば、おいしいのだ。

生のキャベツは全体のコッテリ感をサッパリにしてるし、
食感もステキ。


なによりも、僕が絶賛したいのは、このメニューのキャベツを生にした、
この牛丼屋さん。


この選択は、きっと勇気ある選択だったに違いない。

この牛丼やさんのメニューには、いつも「攻め」の空気を感じるが、
このメニューも例外ではない。


確かに、牛丼とはベツの1品になってはいるが、
「おいしい」にかわりなし。



うっかり。

うっかりスキなメニューが増る僕。
シアワセ。



さて、写真。

先週末。


極寒の中、帰途に。

修理とカスタムとハンドル戻しの彼。


なんでハンドルを戻したかは、

誰も聞かないでください。


よこち


20091221r1.jpg


関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター