FC2ブログ

偶然とか運とか。やっぱり必然と認識するのが妥当かと。

ちょっと前。

ひさしぶりに自分で味噌汁つくる。

一時はそれなりに料理をしていたのだが、
最近はほとんどしていない。

だが。
そんな僕でも、

美味しいかどーかは別として、
味噌汁ぐらいは作れる。

正しい作り方などは知らぬが、
具を煮込み、ダシと味噌で味をつければ良いのだ。

簡単だ。
日本人であれば、あたりまえだろう。

今回は「大根とトウフの味噌汁」に決定。

まず、鍋に水を注ぎ、「ダシの素」をいれ、コンロを点火!

沸騰する頃にテキトウに切った大根を投入!
トウフは崩れるから、まだ入れぬ。

ぐつぐつ。
ぐつぐつ。

煮立つ香が漂う。

んん?

今まで気がつかなかったけど、
味噌を入れる前の香りって、
シチューをつくる時の香りに似てる。

きっとこれは、野菜を煮る香なのだな。

そんな事を思いつつ、大根が軟らかくなるのを待つ。

そろそろだろう。
大根を一切れ鍋から摘出し、
硬さを調査するべく、口の中に投入。

うん。やわらかい。
基準値クリア。

うん。
そして、シチューの味がする。


ん??


戸惑う僕の脳は、
目の前の棚にある、二つの紙の袋の存在を認識し、

しずかに、脱力感いっぱいのタメ息を排出しながら
コンロの火を消す。

右の袋は「ダシの素」と書いてある。
左の袋は無地。何も書いていない。

数分前の記憶に検索をかけると、

僕が鍋に投入した「ダシの素」と思われる粉は、
左の無地の袋より取り出されている。

右の袋の中は記載のとおり「ダシの素」
では、左の袋の中は?

答え=数日前に使ったシチューの粉末状のルー。


みなさん。
想像してほしい。

今、あなたの前には鍋が一つ。
その中にはシチュー味の無数の大根。
あたりは、もちろんシチューの香。

これほど絶望的状況など、
ほかに存在するのだろうか?


約1分。。
それは、僕が鍋の前で、
そのまま立ち尽くしていた時間。

呪われているのか?
宿命というのが本当にあるのならば、
僕は何をすればよいのだろう?


さて。

何かと人多き週末。
差し入れなども頂き。

ひたすらありがたく、ありがたく。

人多きゆえに、あまりお話できぬ方もいたりして。
それでもありがたく、ありがたく。

またのご来店、お待ちしております。


さてさて。
写真。

もう少しで納車のチョッパー。

ちょこっと乗らせて頂いたが、
運転しやすいし部類だし、良い気分のバイクだ。

納車を迎えるたびに、そのバイクが欲しくなる。
そんな僕です。

よこち


2009011801.jpg

2009011802.jpg

2009011803.jpg
関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター