FC2ブログ

全力。

<ご注意>
無駄に長い、個人的すぎる内容です。(いつも?)
お時間がある方、心の広い方。
よかったらお読みください。



「あ、そういえば。
ヨコチ君。
大根、あのアトどうしたの?」

先日、そんな疑問を投げかけられる僕。

そう。

それは、数日前、ここであかしてしまった、
僕の醜態。

味噌汁作成時に、
「ダシの素」と間違え、
「シチューの粉」で煮てしまった、
大根のコトだ。

あまり、触れたくない過去であるが、
僕はあの日の記憶をだどる。


・。
・・。
・・・。
・・・・。
・・・・・。


それが、シチューの粉であると気がついた僕。
反射的にコンロの火は止めたが、
そのアト、まったく動けず。

斬新で残念な、多くの経験を持つ僕であっても、
このケースは、初だ。

「シチュー味の大根を味噌汁にする方法」

もしくは、

「シチュー味にしてしまった大根を味噌汁用の大根に戻す方法」

このタイトルのマニュアルが存在するならば、即購入。
(上限3,800円まで)

軽い現実逃避。

いや、だめだ。
現実を見なくては。


だが、目の前の現実はそんなに甘くはなく、
その事が、さらなる現実逃避の旅へと、僕を誘う。


全てを捨てて、逃げてしまおう。

そうだ、草津なんて、最適。
ん?去年、行ってない?
いけない。そんあコトじゃダメだ。

よし、草津へ。

細い路地を抜けると、
どんっ!
湯畑発見。
硫黄臭。
何度きても、萌えるシチュエーション。

無駄に車で湯畑を1週。
決まりゴトだ。
草津に来たよ、という挨拶だ。

その後、宿にチェックインヌっ。

次は湯畑外周を散歩。
もちろん、途中にある、湯畑脇の足湯は利用。

で、次に、いつも行く、パスタのお店に行って。
パスタ&カフェタイム。

その後、ひさしぶりに
片岡鶴太郎美術館に行く事も検討するが、
そろそろ暗い時間だ。

片岡鶴太郎美術館は明日の楽しみとして、
温存する事を決断。

あそこには、カフェあったし、
明日のカフェタイムは決まりだ。

宿に帰還。
いよいよ、一発目のお風呂の時。

うーん。
ちょっと熱め、色濁りめ、硫黄臭は強。

あああああーーー。

最高です。
やっぱり草津です。
草津の偉大さを再確認。

お風呂からあがると、ちょうど夕ごはんの時間。

今回は、部屋でまったりしたく、
部屋食を選択。

天ぷらとか、魚料理とか。
普段は食さぬ、和のコース。

大人だ。
こんな時は非常に美味しい。

湯食後、お風呂2回戦。
あー。
何度入っても、すばらしき湯。
ありがとう。

部屋に戻ったアトは、
散歩の時に買っておいた、
お菓子などを食す。

ちなみに、
「草津限定」的な、
ポテトチップス等のスナック菓子などがあれば、
購入しなくてはならぬ。
当然だ。

そんなコトをしていると、
旅の疲れか、眠くなり、
意外と早く就寝。

が。

深夜3時。
目が覚める僕。

これだ。
実は、僕がもっとも楽しみにしているのは、
コレかもしれぬ。

僕はひとり、コッソリ部屋を抜け出す。

目指すは、お風呂。
平日のこの時間。

お湯を目指す者など、
僕の他に誰もいないのだ。

広いお風呂にたった一人。
聞こえてくるのはお湯の音のみ。
それは、ちょっと変わった静寂。

シアワセです。

嗚呼。
人生最高。


・・・・・。
・・・・。
・・・。
・・。
・。


長っ!
自分で書いてて、びっくり。

「その後の大根」ニッキである事なんて、
すっかり忘れてる僕だ。

草津へのココロの強さが、
つい、文章に表れてしまった。

削除するコトも検討したが、
せっかく書いたので、
このまま使用。
お許しを。


話を戻し、完結に報告。

そう、間違えてしまった大根は、
ザルに移し、丁寧にお湯で洗い、
「ダシの素」と「味噌」で、
美味しい味噌汁に復帰。

そんな出来事。


さて。
写真は先週末?
だったかな。

出発な朝。

よこち

2009012401.jpg
関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター