FC2ブログ

中間報告。

たとえば。
ハンバーグ定食ならば。


僕は、迷わずに、ハンバーグからやっつける。
一番、おいしい物は、まず初めに。

だって、
もし、ハンバーグにたどりつく前に、
オナカいっぱいになってしまったり、
急な用事ができてしまったりして、
ハンバーグを食べるコトができぬ状況になったら、

こんなに悲しいコトはない。

だから僕は、もし、ハンバーグを先に食べてしまって、
ゴハンがあまってしまうという、
大きなリスクがあるとしても、
迷わずにハンバーグをやっつける。


実際には、ハンバーグを食べる前に、おなかイッパイに
なることはありえないし、
たとえオナカが破裂しそうでも、ハンバーグは残さない。

それに、
目の前のハンバーグよりも、大切な急用などが存在するわけがない。、


が。
とにかく。

リスクなんておそれずに、
まよわずに、大好きなハンバーグからやっつける自分が、
ちょっとかっこいい、とも思う僕だ。



しかし。
気がつく。


それは、いつものハンバーグ定食を完食目前の時。

発覚。





あ。
残ってる?






目の前のお皿には、ハンバーグがひと口、残っているではないか。

大好きな物を、迷わずに、まっさきに食べてしまう、
僕のカッコイイ神話が崩れる。


どういうコトだ?
いつだって、ハンバーグは一番先だったじゃないか。


激しいショックが僕におそいかかり、
頭の中も空白となり、
すべての自信を失い、プライドが叩きのめされる。


その時。
決心する。

僕は、ちっぽけなプライドを捨てる。
それよりも、勇気をだして、
ハンバーグと自分にちょっとだけ、スナオになるコトを選ぶ。

ちっぽけなプライドよりも、
ハンバーグの方が、大切じゃないか。



プライドを捨てた僕は、スベテが簡単で、
すぐに理解する。、


そう。
僕は、その食事の最後に、一番大好きなハンバーグを味わって、
その食事を終わりにしたいのだ。

いさぎよく、大好きなハンバーグからやっつける僕だけど、
でも、最後はやっぱり、大好きなハンバーグでしめくくりたいのだ。


いさぎよくなくたって、良いじゃないか。
僕は、それほど、ハンバーグが大好きなんだっ!
いつまでも、ハンバーグを感じていたいんだっ!!







いや。
そうじゃない。

そうなんだけど、
そうじゃない。話がそれた。

オナカがすいてるトキにハンバーグの話なんて書いたから、
感情がはいりすぎて、
うっかり、僕がハンバーグを大好き話になってしまってる。



そうじゃない。


今日、書こうとしているのは、
そうじゃない。



簡潔に本題を。

最近、気がついたこと。

僕は、無意識に、
その食事でいちばん大好きな物を、
最後に一口食べるために残す。

だから、
最後まで残っている物が、
その食事で、僕がいちばん大好きな物。

人生って、奥深い。



よこち


20110214bbb.jpg





関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター