FC2ブログ

ちょっとおくれるかもしれないけれど

朝。

目を覚ます。


開かない。
口が。

いや、
正確にいえば、どうにか開くけど、
少しでも口をひらくと、
その動作とともに、激しい痛みがアゴを、電光石火でつらぬく。
アンダルシアが気がかりだ。

もちろんしゃべれない、
いや、訂正。
しゃべりたくない。
食べられない。

アゴ激痛。



昨日の夜を思い出す。
ココロあたりはない。
転んだ記憶も、殴られたり、
ありえない堅さの食べ物を口にした記憶もない。

記憶を失なったのかと考えてみたが、
コップ1杯のビールも飲めず、
酔っ払う前に、カラダが激しい拒絶反応を起こす僕が、
お酒で記憶をなくす可能性は限りなく低い。

転んでアタマを打って記憶を失った可能性も、
外傷がどこにもないから、考えにくい。



と、すると。
残された可能性はたった一つ。



ねちがえた、のではないだろうか。



そういえば、目覚めたトキに、うつぶせの、
変なカッコウだったような気がする。

ねちがえる、といえば、普通ならば首であが、
アゴだって、たまには、ねちがえるかもしれぬ。

うん。
きっとそうだ。

だって、
アゴが絶対にねちがえない、という
確実な情報もない。


そんなコトを考えながらの
出勤途中の僕はコンビニに到着。

お気に入りのパンを購買し、
車にもどる。

ほんのり温かな、そのパンを手に取る。

そう。
このパンは、ほんとに少しだけ、あたためるコトが重要。
時間にしてコンビニのレンジならば5~7秒。
10秒では、がっかりしたパンになってしまう。

うん。
手から伝わる温度から、今日はベストな「温め」であるコトを確認する。

パンの袋、開封。




「あ。」



ひとりきりの車の中。
ひさしぶりに、声、大きめの本気のヒトリゴト。

自分のキセキに拍手をおくりたい。




「練乳フランスパン」

たっぷりの練乳と、
フランスパンならではの、香ばしさ、
ちょっと固い、歯ごたえのある、
ステキなパンだ。


よこち



関連記事
スポンサーサイト



| TOP |

プロフィール

イエローMC

Author:イエローMC
イエロー ・ イエローモーターサイクル の 日記 です。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター